建具屋が作る家具「OMD 大角ドアーメイク」

家具づくり日記

日々の家具作りの様子や想いをお伝え致します。

ナラ材でスチーム曲げ

 

ナラ材でスチーム曲げ

アイロンでは上手く曲がったけど、戻りがあったので、今回は300Rで曲げてみようと思います。

ここの3枚目の写真の真ん中の物ですが、実は折れてます。

その材は厚み12㎜幅100㎜のナラ材を一回40分ぐらい蒸気で蒸して曲げてみたんですが

途中で折れてしまいました。結構簡単曲がると思ってたのでショックで、たぶん木の中の水分量が足りないと思って

工場の前の川に一昼夜付けたものを蒸してみました。

川から上げた時に、んん‼?なんか変と思ってたけどそのまま蒸気で、今回は1時間蒸しました。

この窯から出して手でどれくらい曲がるのかやってみたら、意外と曲がってこれならいけると思い、グニャっと!

やってやりましたよ!でも、この写真でみても分かるように、実はナラ材が黒く変色してます。

この写真を見て貰っても分かるとおり、左は川につけたもの、真ん中は蒸しただけ、右はアルミホイール曲げ

なんなんだ~?

調べたところ、鉄汚染と言う事が判明し、右はアルミホイールで、左は川の水に鉄分が入ってる。

ナラ材のタンニンと反応して黒くなってしまってたんです。

前も塗料の実験で、酢に錆びた釘を溶かした塗料を作ったことがあるんですが、それも鉄汚染ってい方は悪いですが

を利用して黒く塗装をするものっだったことを思い出しました。

本当に鉄分が付着したのか、またまた実験しました。

 

このプラスチックの入れ物には水道水。

ここは、先ほどの工場の前の川。

一日たって取り出したら、これだけ色が変わってた。

ナラ材ではアルミホイール曲げと川に浸すのはダメだな!

でも、いい勉強になりました。

頼んであった刃物がきたら、曲木を使って、一脚椅子を作ってみます。


手作り椅子への過程と試作

手作り椅子への過程と試作

地元高浜町は町の人口比率に比べてイベントや地区の行事が多々あるのですが、夏明けからはイベントはあるものの

気持ち的にはoffシーズンな感じがし、新しい物作りへのモチベーションがいつもより、グーンっと上がります。

んで、何故だかいつも椅子の事ばっかり考えてしまう…。家具屋さんにブラーっと言っても、椅子を見てる時間が長い。

でも、デザイン的には色々考えなアカン事がいっぱいあって、頭がパンクしそうになるんですが面白い。

まず、その問題点は

・強度(長く使ってもらいたいから)

・デザイン、寸法(自分的に好きな物ですが)

・技量(自分の今ある技術でできるのか?)

・座面(クッション、ペーパーコード、ウェービングテープをどー収めるのか)

・塗装(ウレタン塗装、オイル塗装)

・材質(ナラ、ウォルナット、ブラックチェリー)

ぐらいを考えて図面を書いてるんですが、悩み地獄に入りだすと、そこから中々抜け出せない(T_T)

しかも、椅子を作るのにも冶具(自分で作る、作業しやすくするための定規みたいなもの)を数種類作らないといけないので

思い付きで作業してしまうと失敗の嵐になってしまうので、図面を書く時は細かい所まで書いておかないと

作業スピードも遅くなってしまう。

結構いい感じに図面が仕上がったので、試作を作ってみました。

一応今回は和風よりの雰囲気に持って行きたかったので、そのような感じです。

しょうもないミスはあったけど、何とか思ってた雰囲気にはなったかと思ってます。

ボンドとかは入れてないので、ここから面をもうちょい大きくしたらどーかなぁーとか

眺めながら微調整していき、本チャンに入ろうと思います。


スツールの組み立て

今日はスツールの組み立てをしました。

前に試験的に使ってもらってたスツールはホゾの強度が足りなくて脚はグニャグニャになってしまったんですが、

今回は通しホゾにしてクサビを打って、真ん中には貫を入れ開かないようにしてあります。

これで簡単には脚は広がらない❕ 3脚のスツールはどこでも安定するのが特徴ですけど、絶対にこの上に立ってはダメですよ。

3本なんで脚がない所に乗ってしまうと、((+_+))ひどい目に合うでしょう…。

怖いなぁー怖いなぁー。


スツールの脚

今回作らせてもらっているスツールの脚なんですが、丸みを持たせたテーパーにしました。

お客さんの要望で図面をいっぱい書きどのテーパーが一番合うか試行錯誤‼

これだぁー!

あと、本当にシンプルな物をご希望なので脚と足の間の貫はいらないと言う事は、脚が広がりやすくなり、グニャグニャに

なると困るので、脚はいつもより立気味に加工して、脚のホゾは座面に貫通してクサビでガッチリと固定します。

しかし、明日の工場も寒いよぉー(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


椅子の笠木

しつこいぐらいに椅子作ってますけど、ここの笠木が本当に大変。

娘のために作ろうと思ったけど、この椅子はたぶん好きじゃないやろなぁー。

もう一つ考えてるのがあるので図面でも書き直して頑張ります。


スツールの1/5

先週の土曜日にお客様と打ち合わせしたスツールの1/5モデルを雰囲気でも伝わったらと思い作りました。

意外と手間がかかる1/5。

でも、雰囲気を伝えるのにはとてもいい手段だと思います。

家具とかなら3Dやけども、2でみたいな所があって、大体図面で雰囲気は伝わるのですが、

やっぱり椅子は完全な3Dで作った時に雰囲気のずれが少々でてしまう気がします。


椅子の貫加工

椅子の貫加工が当たり前ですが1っ回目よりだいぶ上手になりました。

やはり失敗はしとかないとあきませんね。試作の時だけですが。

仕事してる時にいつも考えてる事ですが、どの機械でどのような加工ができるかなぁーと。

切断する道具でも考え方によっては色んなことができたりするから、常識にとらわれたら出来るものもできんくなりますよね。


丸の胴付き

IMG_9593

IMG_9597

IMG_9603

娘の椅子作りをしてるんですが、脚がまるなんで必然的に胴付きも丸にしないといけないいんです。

前回はのみでちょこちょこと取ってたんですが、やはりきちゃないし精度がでない。

んで、前回やってるときにルーターで刃物を作ってもらって使ったんですが、まぁ~綺麗(´◉◞౪◟◉)

これなら、次回はもっと綺麗に仕上がりますね。


椅子の笠木

IMG_9572

下の脚と貫の部分が少しだけ接着が緩かったから、締めなおすために
グイッと締めたら、ボキッといってしまった_φ( ̄ー ̄ )

なんでやぁーここまでしたのにヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

でも、負けへんで❗️一応これは試作品やから、次はちゃんとこなしてみせます!


レッドオークで娘の椅子作り7

一応いつもの建具仕事をしながらの製作ですので、中々進まない。

背もたれは、削りだしか積層曲げで作るのですが、今回は削りだしで作ってみますけど、結構な材料がいりますね。

本チャンでは失敗すると、かなりの痛手なんで、ここでちゃんと失敗しときます。

img_9300img_9299


建具屋が作る家具

メールでのお問い合わせ・お電話でのお問い合わせ(075-495-8825)