建具屋が作る家具「OMD 大角ドアーメイク」

家具づくり日記

日々の家具作りの様子や想いをお伝え致します。

障子の暖かさ

障子の暖かさ

家すべてのではないんですが、ほぼすべての建具をやり変えさせてもらいました。

デザインは前のが気に入ってるからと、同じデザインでさせて貰い、古い家なので少々は家が傾いてました。

傾くって言われると、大丈夫なの????ってなるけど、どこの家も何十年もすればこけます。

こけてれば、建具(障子)などは直角に作られるので、戸を柱にピチャっとつくとこ、つかないとこがありますが

大概はある一定方向にこけているので、まっすぐなところはピチャっと、こけてる所はそこにあった、三角形の物を

打ち付けて、サッシからくる冷たい空気をシャットアウトします。

家の方もおられていたのですが、すっごい前よりも暖かいと‼

障子の材料は木‼紙も木‼

スエーデンハウスのラジオでやってたのですが、アルミと木の熱伝導率は1700倍違うってやってましたけど、

それでか、断熱になっているのは体で実感されたようです。

外は雪がビュービューと吹くなか、暖かすぎて作業させて貰ってる僕らも上を脱ぎ長袖でやってました。

一応暖房はついてましたよ。

 

 


障子の貼り換え2

 

障子の貼り換え2

障子の貼り換え2です。

完全に乾ききったら、木の肌が荒れているところをもう一回綺麗にペーパーでお掃除です。

ここも、ちゃんと毛羽立ってる所を綺麗にしてやらなと、紙が組子にちゃんとくっついてくれなので丁寧に‼

 

 

次は刷毛でこれまた手間なんですが、組子にべたっと付かないように(つけすぎると逆に紙がつかない)

たまにはみ出たところは綺麗にとっときます。

それから、ロールの紙を切った後ですが、手のひらで前面に撫でて組子と密着させ

切るところを爪で後を付けていきます。

今回の障子はつばつき障子なので、切りやすいですが、つばがない障子などは、8㎜ぐらいのとこから切ってきます。

 

こんな感じで切っていき、一番大事なのは端っこで、切れないカッターだとしわくちゃになるので、切れないと思ったら

すぐにカッターの刃を折ります。

完成後の写真を取り忘れたので…。

障子の貼り換えは意外と大変な作業です。


古民家改修工事

古民家改修工事をさせてもらいました。

これは高浜町にある古民家「観自庵」です。

高浜在住の韓国の人のアトリエです。名前を忘れてしまったのですが結構有名人みたい。

この写真は昔の田舎の家は、ウンコやおしっこを肥やしにする為にトイレは外にあった名残で外にトイレが設置してありました。

鍵はこれもまた、昔ながらの鍵で、しのび栓といいます。外からの開閉の鍵と、中だけようの鍵とあるんです。

昔の人は色々と考えてたんですね。

簡易的なキッチンですが、上はステンレス下は杉の無垢材(集成材)です。大概の家は人工大理石なんですが、

ここは上がステンなのでモダンな感じに思えました。なんか、すっきりして綺麗でしたね。

最後の写真はかなりの幅の建具を作りました。W1300ぐらいで組み立て機には入らなかったので、修行に行ったぶりに手でくみ上げました。

色もオイルの古色で古民家にデザインも色もあってて、違和感なかったです。

僕の中では建具も家具も大概はシンプルで主張しすぎないようなものが好きですね。

たまに、ガッツリ主張するようなものも作りますが…。


襖から横格子戸

築何年かは不明ですけど、古民家の襖から横格子戸に作り替えて取り付けさせてもらいました。

柱はかなーり太いケヤキの木ですっごい立派なおうちでしたけど、古民家なのでやはり電気がをつけないと暗い

と言う事で、少しでも明るくするために、襖からアクリルをはめ込んだ木製建具に変更しました。

アクリルはガラスよりかは厚みにもよるんですが、少々~だいぶ高い。2㎜程度だとそんなに驚くことはないです。

でも、小さなお子様がおられるところは絶対にガラスからアクリルに変更した方が安心です。

子供の力ではそーそー割れない。金づちみたいな鋭角なもので殴ると流石にわれますが、割れたとしても

ガラスよりかは傷が浅い❕って事です。はい。


モダンな縦格子戸

舞鶴の高田工務店さんデザインのモダンな縦格子戸。

床は松系のフローリングで建具は無垢かシナベニヤの建具で
コテコテではない、落ち着いた感じの家に仕上がってます。

たまに、修理で何年かたったお家に行くんですが、経年したお家の雰囲気は凄くいい味だしてます❗️


トイレの掛け障子取り付け

img_9181

トイレの掛け障子の取り付けに行ってきました。

よく、背面(ベットの頭の方とか)とか色だけ変えたり、仕上げを変えたりしてますよね。

前に家具の勉強で東京に行ったときにインテリアコーディネーターの資格を持っている人に聞いたら、

普段生活をしていて、あまり目の入らない所にアクセントを付けたりするのがいいよ!みたいなことを聞きました。

なぁ~るほど‼まぁ~一概にはそうだとは言えませんけどね。


トイレの掛け障子

img_9162

今日はトイレの飾りとして、掛け障子を作らせて貰ってます。

この頃では組子にホコリがたまるのが嫌で、簡単な組子の仕事しかないんですが、大工さんにお任せでってことで

やらせてもらいました。組子細工にも色々と種類があるのですが、自分の技術でできるものしかダメなんですけね…。


仏壇とランマ

db6dc5d7-15a8-4394-a657-707163725616

ようやくランマも設置が完了してお参りに間に合いました。

上は無垢材で、下は突板なのでやはり色目が若干違い、無垢の方が綺麗ですね。

しかし、今回の事で仕事以外じゃない部分の事も色々と勉強させてもらいました。


ブラックチェリーの組子

img_8762

前回仏壇を収めた所の上にH300のランマを入れます。
いつもは針葉樹で材に粘り気があるので仕事がしやすいですが、広葉樹のために本来の要領で仕事をすると
折れたりします。組む時の振動ですら折れるので難しい…。
でも、仏壇といい雰囲気にはなると思います。


吉村障子

img_8615

 

昭和な家には合いにくいと思うんですが、このようなシンプルなモダンな和室には吉村障子(見えている部分の組子の太さが同じ)がよく似合う❗️

引き手をどないしよかと考えたんですが、トリーマーで溝を付けてみました。

凄い新鮮でいい仕上がりになったと思います。


建具屋が作る家具

メールでのお問い合わせ・お電話でのお問い合わせ(075-495-8825)