建具屋が作る家具「OMD 大角ドアーメイク」

家具づくり日記

日々の家具作りの様子や想いをお伝え致します。

横格子の玄関戸

 

横格子の玄関戸

この材はピーラといって、外国の松なんです。

今回玄関の建具を作らせてもらってるんですが、大体玄関で使用する材は、ピーラ、ヒバ、ヒノキです。

今回塗りつぶしの塗装をするってっ事と、ヒバだと色ノリがいまいち、ヒノキだと塗りつぶしにはもったいないと思い

ピーラにさせて貰いました。

家の土台で松系の材を使うと、白アリの餌食になる材ですが、建具には問題ありません。

匂いを嗅ぐと美味しそうな独特の匂いがし、白アリが食べるのも分かりそうです。

パッとの見た目は簡単な格好ですが、結構材が多い。

これに玄関でも丈夫な5ミリのガラスを入れます。

30ミリの建具に5㎜のガラスだと、ホゾと穴の関係がだいぶキチキチで頭を悩ませました。

反対側がただの押さえならいいんですが、この建具は両面とも同じ格好をしてます。

 

結構木目が綺麗なんですよ。

このままでもいいけどなぁ~。

でも、家の全体から見るとやはり塗った方が家に馴染むね。

 

 


古民家玄関の障子建具

dsc_0448

日本昔話の玄関ってこんな感じでありましたよね?

これだけじゃ寒いから、ちゃんと雨戸もついてるんですよ!

しかーも、戸車がめっちゃ凄いです。

dsc_0449

こんな感じで木の栓で戸車が付いていて、

dsc_0450

こんな車が入ってるんです。中はベヤリングで古風なんだか、最新なんだか、手がこってますね。

でも、高さ調整ができないから、平のステン戸車に交換しました。

あぁ~えぇ~勉強になったわ!


門戸

image

 

この建具かなり頑張りました‼

物が大きい。Hは1500程度でしたが、幅が1本1300‼こんなの普通の丁番じゃーまず無理です。

元々普通の丁番じゃなかたので、同じものを探して使用。すこぶる高い丁番だけあって凄く頑丈&スムーズ。

しかし、調整が難しかった。外面なので、塗装もちゃんとしてもらいいい雰囲気になりました。


アンティークorシャビーな建具

image image

 

舞鶴のとあるイタリアンレストランの建具を作らさせて貰いました。

 

カントリー?シャビー?調の建具でドア取っ手をアイアンで考えられてたようですが、カタログみても高い‼

 

ってことで、こんなんや、こんなん作れますって提案させて貰ったらお任せでってことでドア取っ手つくりました。

 

塗装屋さんのおかげで雰囲気もよく仕上がったと思います。


ホワイトアッシュのフラッシュドア

image

 

この建具は事務所の入口で材質はホワイトアッシュ。

 

100ミリ幅の板をさねではいでます。

 

 

 


玄関戸

image

 

 

これは、友達の家の玄関戸で、お任せでいいの考えてとのことやったので、したいことをやらさせてもらいました。

 

材質はピーラ(松)で真ん中のRになってるところは、ガラスがはいってます。

 

幅広い建具なだけにかなりの重量でした。


建具屋が作る家具

メールでのお問い合わせ・お電話でのお問い合わせ(075-495-8825)