建具屋が作る家具「OMD 大角ドアーメイク」

家具づくり日記

日々の家具作りの様子や想いをお伝え致します。

障子の貼り換え2

 

障子の貼り換え2

障子の貼り換え2です。

完全に乾ききったら、木の肌が荒れているところをもう一回綺麗にペーパーでお掃除です。

ここも、ちゃんと毛羽立ってる所を綺麗にしてやらなと、紙が組子にちゃんとくっついてくれなので丁寧に‼

 

 

次は刷毛でこれまた手間なんですが、組子にべたっと付かないように(つけすぎると逆に紙がつかない)

たまにはみ出たところは綺麗にとっときます。

それから、ロールの紙を切った後ですが、手のひらで前面に撫でて組子と密着させ

切るところを爪で後を付けていきます。

今回の障子はつばつき障子なので、切りやすいですが、つばがない障子などは、8㎜ぐらいのとこから切ってきます。

 

こんな感じで切っていき、一番大事なのは端っこで、切れないカッターだとしわくちゃになるので、切れないと思ったら

すぐにカッターの刃を折ります。

完成後の写真を取り忘れたので…。

障子の貼り換えは意外と大変な作業です。


鉋で削るウォルナット

鉋で削るウォルナットです。

まだ、少しだけ調整は必要ですが逆目も止まってて問題はないかと思われます。砥石の台も真っ直ぐにして、押さえと刃も調整はバッチリ❗️

子供の勉強机もこれでいけるな❗️


左官屋の職人技


いつもお世話になっている工務店さんの事務所の土壁つけをやるって事で
午前の時間が空いた時にお手伝い(体験したかっただけ)にいってきました。

まぁ~僕はお喋りなので左官屋さんに、あれやこれやと塗り方を教えてもらいながら
塗っていたのですが、まぁ~手や手首がしんどすぎ‼
昼めし食うのにも手がプルプルで口と間違えて、鼻に突っ込みそうでしたょ
この、動画では15秒で3回職人さんは塗ってましたけど、素人は15秒で
汚く塗って1回ですね。

昔の蔵なんて、土壁の厚みが45センチぐらいあったそうで、昔蔵の周りの家が
燃えたらしいけど、蔵の中身はなんともなかったそうです。

僕も一応職人なんですけど、日本の職人さんって減ってきていますよね。
人工的もそうですが、ハウスメーカーが工場で作れるものばかりが出回って
職人の出る幕が中々ない。

それはそれでこっち側にも色々と考えていかないとダメなんやろけども・・・。

なんとかせねば!


建具屋が作る家具

メールでのお問い合わせ・お電話でのお問い合わせ(075-495-8825)