建具屋が作る家具「OMD 大角ドアーメイク」

家具づくり日記

日々の家具作りの様子や想いをお伝え致します。

座面作り

image image

 

座面の板をR1500ぐらいにしたいので、積層にするための治具をこしらえました。

 

トリマーでも、ルーターでもいいのですが、定規を作るのがトリマーの方が簡単なのでトリマーでしました。

LC25ミリを使ったので、トリマーで一回で取るのはしんどいから、3回にわけて地道に。

 

これで、4ミリを3枚はいで12ミリの座面を作ります。

ちなみに貼って外した時に戻りがあるので、R1500よりやや小さめのRで作りました。

 


失敗は成功の元1

imageimage

 

取りあえず大体の仕上げをして(細かいところはしてません)、合体してみました。

座面は無いけど簡単にベニヤをのせて座ってみることにしたのですが、久しぶりに作ったので座面の角度を5度間違えて

背の当たりが悪かったです。

後、後ろの貫が少し厚めだったのと、全体的にRの面が小さかった・・・。

前の貫もデザイン的にはいい感じなんやけど、45度のひうちが入れれないので強度がどないなもんかと。

まだ、意外と背もたれのデザインが難しくて、どんなんにしようかかなり迷ってます。


試作の前に5分の1

image

 

 

椅子のデザイナーがよくやってる、5分の1モデルを初めて作りました。

はっきりいって難しいし面倒でした。

これを1分の1でシナベニヤに書き写していくと、ここが大きすぎるとか、ラインが微妙やなって事に築く。

しかし、椅子は難しい|д゚)

さて、実物大を作ってみようと思います。

 


ホワイトアッシュのフラッシュドア

image

 

この建具は事務所の入口で材質はホワイトアッシュ。

 

100ミリ幅の板をさねではいでます。

 

 

 


玄関戸

image

 

 

これは、友達の家の玄関戸で、お任せでいいの考えてとのことやったので、したいことをやらさせてもらいました。

 

材質はピーラ(松)で真ん中のRになってるところは、ガラスがはいってます。

 

幅広い建具なだけにかなりの重量でした。


北欧 ビンテージ風 デスク

image

 

 

image

 

 

これは、自分の事務所の机をちょうど作らないといけなかったので、作りたっかた、ナチュラルで柔らかいイメージの北欧家具を

 

ヴィンテージ風の塗装で仕上げて作りました。材質はナラ材といいものを使いましたが、流石に無垢となるとお金がだいぶかかるので、

 

フラッシュ構造にしてあります。引き出しのレールも金物を使うといいんですが、側板に溝をついて木のレールでスライド使用にしました。

 

取っ手も木製で削り出して作り、自分で少しウルウル感激いく仕上がりになりました。

 

引き出しの塗装が失敗してしまったので、引き出しだけ後でもう一度やり直ししようか!!


建具屋が作る家具

メールでのお問い合わせ・お電話でのお問い合わせ(075-495-8825)